HP推薦サイト

HP推薦サイト

クレジットカード現金化には許可証がある?

クレジットカード現金化を行っている業者のホームページを見てみると、しばしばトップページに大きく「東京都公安委員会許可」と記載されています。一見すると、まるで東京都のお墨付きを得ているように思えますが、東京都公安委員会には、クレジットカード現金化の営業を許可する権利はありません。東京都公安委員会が許可を与えているのは、「古物営業許可」です。古物営業許可というのは、中古品または転売目的の新品を売買することを許可するものであり、個人・企業に関わらず、物品の買取店はいずれも古物営業許可を取得している必要があります。クレジットカード現金化を行っている業者では、お客さんに販売した商品を買い取ったり、自社製品の古物を販売する際にキャッシュバックしたりするため、古物営業許可証を所有している必要があります。ただし、古物営業許可は、その会社や営業内容が優良であることを保証するものではありません。そのため、許可があるからといって優良業者とは限りませんが、逆に許可もないのに営業している悪徳業者も存在するため、そのような業者とは区別することができます。古物営業許可番号は、30から始まる12桁の数字ですので、業者のホームページを閲覧するときは、まずはその番号について確認しましょう。クレジットカード現金化を行うためには、それ以外にとくに許可は必要なく、個人で行っているケースもあります。そのため、悪徳業者の入り込みやすい業界ではありますが、2010年に改正賃金法が施行されて以降、闇金融やグレーゾーン金融に対する取り締まりが強くなり、クレジットカード現金化に対しても厳しい監視が行われています。そのため、悪徳業者は長く業界に留まることはできず、ホームページを作ってもすぐに閉鎖されてしまいます。また、クレジットカード現金化は金融業者ではありませんが、金融に関するノウハウがないと参入しにくい業界のため、全体的に新規参入が少なく、古くから運営している優良業者が多いという特徴があります。消費者金融を利用するときも、多くの方が知名度の高い大手から利用していくことと思われますが、クレジットカード現金化を利用するときも、同じように信用性の高い大手を選ぶと安心です。大手ホームページはサイトの作り方が丁寧であり、最初に述べたような「東京都公安委員会許可」などの紛らわしい表示はあまり行われておりません。逆に、宣伝文句のうるさいサイトは悪徳業者の可能性があるので注意が必要です。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ